池田食品について

池田食品の歴史

昭和23年創業 創作豆一筋

創業以来、産地・安全・味にこだわり続けています。職人の思いがぎゅっと詰まった「北海道の愛されるおやつ」。これからも、小さなお子様からお年寄りの方まで
幅広く親しんでいただける、おいしくうれしい商品をお届けできるよう努力してまいります。

1948年(昭和23年)

札幌市中央区北6条西6丁目にて乾物問屋(有)松屋池田商店として開業。

1950年(昭和25年)

札幌市中央区南4条東1丁目に移転。落花生の加工豆の製造を始める。

1961年(昭和36年)

札幌市白石区中央1条3丁目の現在地に移転。

1971年(昭和46年)

社名を現在の池田食品株式会社とする。

1995年(平成7年)

現在の社屋・工場が完成。

1996年(平成8年)

札幌市優良工場表彰を受ける。

1997年(平成9年)

工場・直売店オープン。

1998年(平成10年)

「めんこいおやつ」が第23回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞。

2001年(平成13年)

「かりんとう一筋の浜塚製菓株式会社」の経営を継承。

2006年(平成18年)

新商品「雪ボーロ」が第14回北海道加工食品フェア奨励賞を受賞。

2013年(平成25年)

かりんとう一筋 浜塚製菓 江別工場 を札幌白石区の創作豆工場へ統合。

2014年(平成26年)

がんばる中小企業 小規模事業者 300社に選定される。

ページトップへ